学部別就職事情記事一覧

一例として、私立大学の京都薬科大学の卒業生(6年制)の就職先を調べると、薬局等:34%病院等:27%企業:31%この3つで90%以上を占めることになります。他の大学でも、具体的な数値は違うでしょうが、ほぼ同じ分布と思われます。

工学部の就職先は、やはり学科の専攻内容に関係した分野の企業(メーカー)が有力な就職先ですね。というのも、所属する研究室の教授推薦や学校推薦があるからです。とくに地方国公立大学では推薦枠で決まる傾向が高いと言われています。その他の就職先として、学部卒でも修士卒でも商社や銀行・公務員などへの就職もあります。この場合は推薦はありませんので、自力で就職活動を行う必要があります。現役大学生の方へ!新卒限定内...

一例として、東洋大学文学部の就職先を調べると、人数的には教育関連、サービス業、公務員、卸売・小売業への就職が目立ちます。逆に目立って少ない業界というのが見当たらず、特に強い業界もなければ弱い業界もないという感じですね。現役大学生の方へ!新卒限定内定を早く貰う⇒スカウト・内定直結イベント・特別ルート

法学部出身者の職業といえば弁護士や裁判官、国家公務員、地方公務員、警察官、刑務官・・・などが思い浮かぶと思います。しかし、実際には企業に就職している人も多数いますし、割合から言えばそちらのほうが多いでしょう。民間企業では各業種に対し、割と偏りなく散らばるようです企業でも法務関係の部署で働くこともありますが、実際問題、大学の専門で学んだことを直接生かせる就職先とは限りません。現役大学生の方へ!新卒限...

経済学部の就職先は多方面にわたっているのですが、他学部と比べるとやはり銀行などの金融業界・保険業界に就職する卒業生が多いです。それ以外には小売業・サービス業への就職が多いですね。とはいうものの、他学部と比べて経済学部が目立って多い就職先というのはとくにありません。現役大学生の方へ!新卒限定内定を早く貰う⇒スカウト・内定直結イベント・特別ルート

文系学部の大学生に人気の就職先としては金融関連(銀行など)・保険業・サービス業・卸・小売業などですが、理系に比べると、ある特定の業界が人気というかたよりはあまりありません。文系の学部別に見ると、文学部は教育(塾など)関連法学部は公務員経済学部・経営学部・商学部は金融関連社会学部は医療福祉の人気が比較的高いようです。現役大学生の方へ!新卒限定内定を早く貰う⇒スカウト・内定直結イベント・特別ルート