英語外部試験利用入試記事一覧

入試で採用する私立大学が増えている「英語外部試験利用入試」。「読む・聴く・書く・話す」の英語4技能試験(英語外部試験)で基準以上の高得点を取った人は入試で優遇されたり、英語の試験が免除されるという制度です。しかし、英語外部試験だけでなく、他の受験科目も勉強しなくてはいけませんよね。それに、利用できる外部試験はTEAP、TOEFL、TOEICなど、いろいろあって、どの試験を受験すべきか迷ってしまいま...

大学受験で採用する学校がますます増加するTEAP。TOEICや英検などよりも、高校生の英語レベルにマッチした難易度設定ということで、外部英語検定試験利用入試で選択する受験生もますます増えそうです。ただ、TEAPの試験が始まってからまだまだ歴史が浅く、TEAP対策をどうやってすればよいのかよくわからない人も多いと思います。そこで、このページでは、TEAPを利用した大学受験を考えている人のために、TE...

大学入試のTEAPで、スピーキングテストが難しいと苦手意識を持っている方もいると思います。確かに、TEAPで出題される英語4技能のうち、対策が最も難しいのがスピーキングです。ですが、難しいからと言って敬遠するのは非常にもったいないですよ!今現在、スピーキング対策が十分にできていなければ、今後の勉強による得点の伸びしろが大きいのです。実際、TEAPの配点は、リーディング、リスニング、ライティング、ス...