勉強ができない小学生のお子様の成績を何とかしたい親御様へ

「ウチの子、もう少し勉強ができればいいんだけど・・・」
「少しでもいいから成績アップさせたい」
とお困りのお母さん、お父さんへ!

勉強,できない,小学生

小学生が勉強ができない主なきっかけは「授業が面白くなくて興味がわかなくなる」ことではないでしょうか。
塾に行かせたり家庭教師をつけなくても、自分から「知りたい」という気持ちを持つようになれば、自然と勉強はできるようになります。

 

自分から「もっと知りたい」という気持ちを育てるためにポイントとなるのは次の2つです。

 

「分かった!」という小さな成功体験をたくさん積ませること
集中可能な短い時間の学習を繰り返すこと

 

勉強でも何でも、得意にさせるには「小さい成功体験をたくさん積ませること」ということを聞いたことはないでしょうか?
最初からガッツリと勉強させようとしても、(最初から勉強が得意な子を除き、)学習習慣をつけさせることはほとんど無理です。

 

小学生のように、子どもは気分がその時その時の感情に左右されやすいです。
問題が解けないときには、あっという間に「もう勉強なんて嫌だ!」「や〜めた!」となってしまいます。
しかし、反対に、問題がスラスラ解けたときにはいい気分になって、楽しくなってくるものです。
「気分がその時その時の感情に左右されやすい」という小学生の特性は、逆に言うと、ちょっとした「分かった!」という成功体験で、一気に学習意欲を引き起こし、成績アップのきっかけになるものです。

勉強,できない,小学生

また、一般的に本当に集中力が続くのは15分と言われています。
小学生の授業は中高生よりも短く、1時限が45分ですが、それでも長すぎます。
お父さんやお母さんも子どもの頃、授業中に「早く終わらないかな〜」と窓の外ばかり眺めていた記憶はないでしょうか(笑)

 

勉強の途中で「まだ終わらないかな〜」なんて考えさせてしまうような授業では、自分から勉強しようという学習意欲がほとんど身に付きません。

 

15分でサクッと終わる勉強をする。
飽きる前に済ませてしまう。
15分で小さな「分かった!」を得るようにし、小さな成功体験を積ませる。
そうするうち、15分の勉強ではちょっと物足らなくなり、15分を2回、3回と繰り返すようになる・・・

 

これが、「勉強のできない小学生」を「勉強を自分から進んでする小学生」にするコツです!

 

PC・タブレットで15分で1つの授業をサクッとすることができます。
塾に通わない子でも一流の先生の授業を受けられます。

【勉強サプリ】

 

小学生4年生・5年生・6年生が対象となっています。