「大学受験英語」から「コミュニケーションできる英語」へ!
スマホでできる25分の英会話
体験レッスン2回が無料

大学入試に使える英語外部試験を比較してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加  

入試で採用する私立大学が増えている「英語外部試験利用入試」。
「読む・聴く・書く・話す」の英語4技能試験(英語外部試験)で基準以上の高得点を取った人は入試で優遇されたり、英語の試験が免除されるという制度です。

 

しかし、英語外部試験だけでなく、他の受験科目も勉強しなくてはいけませんよね。
それに、利用できる外部試験はTEAP、TOEFL、TOEICなど、いろいろあって、どの試験を受験すべきか迷ってしまいますよね。
そこで、英語外部試験利用入試で利用される英語試験をいろいろと比較してみました。

TEAP

TEAPの最大の特徴は「高校生のレベルに合わせた難易度設定」という点です。

 

試験内容

「リーディング」マークシート方式。試験時間は70分(60問)
「リスニング」マークシート方式。試験時間は50分(50問)
「ライティング」記述式(英作文)。試験時間は70分(2問)
「スピーキング」試験官と1対1での会話。試験時間は10分(4問)

 

試験時間:合計200分
実施都市:札幌 / 仙台 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川 / 静岡 / 名古屋 / 大阪 / 広島 / 福岡
試験開催回数:年3回
スコアの有効期限:2年間(直近のシーズンとその翌シーズンの大学入学に利用可能)

 

TEAPを入試の採用している大学一覧はこちらです⇒TEAP採用大学一覧
英語4技能が評価対象になる大学が多いですが、2技能の大学もあります。
また、基準点も大学によって違います。
基準点以上だと合格となる場合もありますし、入試での英語の得点に、TEAPの得点が加点になる場合もあります。

 

高校生を対象とした英語試験のため、出題内容も高校生・大学生の学生生活に関する話題も多く盛り込まれています。
なので、これまでに英語外部試験を受験したことがなく、これから大学入試のための4技能試験対策を行う受験生には最も取り組みやすい試験ではないでしょうか。
また、TEAPを評価基準に採用している大学は多く、どの試験を受験するか迷っている場合はTEAPがベストだと思われます。

 

ただ、受験会場が主要11都市と少なく、試験開催回数も年3回しかない点はデメリットです。
また、TEAPが始まったのが2015年度と歴史が浅く、それほど受験生の間には浸透していません。
2016年度推薦入試・AO入試では、まだ15.2%の大学しかTEAPを採用していませんでした(参考資料)。

 

英検

英検は、これまでの英語外部試験では最も実績のあるものです。
2016年度時点で国公立大の72%、私大(人気TOP100以内)の87%で採用されています。

 

級ごとに問題のレベルが異なり、受験生は自分の目標に合った級の合格を目指します。
※志望大学によって、入試優遇で必要とされる英検の級は違いますが、2級か準2級以上という大学が多く、難易度が高い大学は準1級以上が多いです。

 

試験内容

■1級
「リーディング」4択式41問+「ライティング」筆記式1問 計100分
「リスニング」4択式27問 約30分
「スピーキング」試験官2名との英会話 約10分
■準1級 
「リーディング」4択式41問+「ライティング」筆記式1問 計90分
「リスニング」4択式29問 25分
「スピーキング」試験官1名との英会話 約8分
■2級
「リーディング」4択式38問+「ライティング」筆記式1問 計85分
「リスニング」4択式30問 25分
「スピーキング」試験官1名との英会話 約7分
■準2級
「リーディング」4択式42問 65分(ライティングはなし)
「リスニング」4択式30問 25分
「スピーキング」試験官1名との英会話 約6分

 

年間試験実施回数:年3回
試験会場:1級・準1級は本会場のみ、2級以下は本会場および準会場

 

英検CSEスコア
英検が他の試験と違う点は、各級ごとに問題が違うという点です。
(他の試験は、全員が同じレベルの問題を受験する)
また、スコアだけなく、その級の合格・不合格があります。
ですので、志望校で要求されているレベル以上の級を受験し、合格することが最低条件となります。

 

英検の各級の試験内容と3回分の過去問がチェックできます⇒こちらから

 

英検公式サイトでは、2級から5級の英検対策ができるスマホ・タブレットのアプリ「スタディギア for EIKEN」が提供されています。

 

TOEFL iBT(トーフル)

「リーディング」60〜80 分 36〜56 問
「リスニング」60〜90 分 34〜51 問
「スピーキング」20 分 6 課題
「ライティング」50 分 2 課題

 

試験時間:合計190〜240分
試験実施回数:年50回以上
スコアの有効期限:2年間

 

TOEFL iBTは、リスニングの内容に大学の講義をイメージしたもの(専門レベルではなく、あくまで教養の初学者レベルですが)が含まれていて、英語聞き取り能力はもちろんですが、内容そのものの理解力も要求されます。
TOEFL iBTは基本的に大学の海外留学レベルに合わせた出題レベルなので、出題文の教養レベルは他の外部試験よりも高い印象があります。
しかし、試験の実施回数は非常に多いので、十分に時間をとって試験準備できますし、スコアが良くなかった場合でも勉強しなおして再挑戦できやすいです。

 

TOEIC(トーイック)

TOEICは、リーディングとリスニングの試験である「TOEIC」と、
スピーキングとライティングの試験である「TOEIC S&W」の2種類があります。
通常、4技能英語外部試験では両方のスコアが必要ですが、入試によっては片方だけでよい場合があるかもしれませんので、受験する大学の受験案内で確認しましょう。

 

TOEICの試験内容

リスニング:マークシート方式・45分間
リーディング:マークシート方式・75分間

TOEIC S&Wの試験内容

スピーキング:録音による解答・20分間
ライティング:パソコンのキーボードでタイピング解答・60分間

 

試験時間:合計200分
試験実施回数:TOEICは年10回、TOEIC S&Wは年24回

 

試験に出題される内容そのものは、TOEFLと比べると日常生活や、割と一般的な内容が多いように感じます。
また、試験を2回に分けて受験するので、準備期間もそれぞれの内容に合わせて集中できるので、受験生にとって負担感が少ないというメリットがあります。

 

まとめ

一番も問題点は「大学によって利用できる外部試験の種類が違う」ということでしょう。
A大学ではTOEICを利用可能でも、B大学ではTOEICは不可で、TOEFL iBTはOK、ということがあります。
多くの大学では複数の外部試験から選択することができますが、1種類しか利用できない大学もあります。
受験したい大学に合わせて英語外部試験を受験する必要があります。
何種類も受験する手間や負担を考えると、できるだけ多くの大学が採用している試験がベターだと思います。
その点で、おすすめは英検かTEAPですね。
多くの大学で利用可能です。
TEAPは昨年度までは採用大学が少なかったのですが、2017年度からは多くの大学で採用されます。

 

今のところ、英語外部試験利用入試に挑戦しようかどうしようか、と迷っている人もいると思います。
ただ、少しでも受験しようと思っている場合は、今から少しずつでも準備しておいたほうが良いのは言うまでもありません。

 

特に、リスニングとスピーキングは「習うより慣れよ」ですからね。
少しでも英語を聴いたり、口に出したりする時間を積み重ねていくことが大事です。
こちらで今の英語レベルに合わせてスマホでトレーニングできます

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
不要になった予備校テキスト・模試の問題・旬報は買取できます。
いらない予備校テキストや参考書、模試の問題を高く売る