秘書になるための大学・学部選び

このエントリーをはてなブックマークに追加  

秘書,大学,学部

秘書は、会社などで管理職の仕事の補佐をします。
スケジュール管理や事務手続き処理などが主な仕事内容です。

 

基本的には、秘書になるには大学の学部学科は問われません。
しかし、短大や専門学校では、秘書養成科など(学校によって呼び名が違います)のように、
秘書になるためのビジネススキルを身につけるためのコースが設置されているところがあります。
そういった学校に進学するのが近道です。
秘書の仕事や学校について詳しくはこちら

 

4年制大学の場合は、一般企業の秘書だけでなく、医療福祉分野、司法分野、商社、外資系、多国籍企業などに秘書として就職することを視野に入れると良いでしょう。
というのも、これらの業種では、ある程度の専門分野の知識や、語学力があるほうが有利だからです。

 

ですので、4年制大学に進学する場合で、秘書になりたい人の大学・学部選びは、
まず、就職したい業種を選び、その関連分野の大学・学部に進学するのが良いでしょう。

 

具体的には、医療・福祉関連学部、法学部、国際関係学部、外国語学部などです。
そのうえで、秘書検定やパソコン技能、ビジネススキルの取得を行うのがベストです。
大学の学問分野一覧はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加