「大学受験英語」から「コミュニケーションできる英語」へ!
スマホでできる25分の英会話
体験レッスン2回が無料

関関同立センター試験利用入試のボーダーライン

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関関同立のセンター利用入試のボーダー得点率予想は、次のとおり東進予備校が公開しています。
それぞれの大学名をクリックすると、ボーダー得点率をチェックすることができます。

A・B・C・Dラインの合格可能性は
80%以上・65%以上・50%以上・35%以上となっています。

 

学部学科や方式によって得点率は当然違いますが、関西の最難関私大だけあり、Bラインのボーダー得点率でだいたい75%から85%くらい、難関学部で90%程度の学力が要求されます。

 

同じ大学・学部でも、方式によって(例えば3教科か5教科か)ボーダーの得点率も異なります。
自分自身の得意教科を考えて、有利な方式で受験しましょう!

関関同立はセンター利用入試と一般入試のどちらが合格しやすい?

通常、センター利用入試よりも一般入試のほうが合格の可能性は高いです。
関関同立のセンター試験のレベルは、関西の難関国公立大のレベルに匹敵します。
(参考:各国立大のセンターボーダー→京大阪大神大大阪市大大阪府大
ですので、関関同立が第一志望という受験生の場合は、原則的に一般入試での合格を第一に考えましょう。

 

もちろん、一般入試とセンター利用入試が併願できる場合は、併願するに越したことはありません。
合格するための手段は複数あるほうが有利ですから。
また、一度センター試験を受験しておけば、本命以外の複数の大学への併願もできるという点も重要です。

 

関関同立一般入試対策、センター試験対策の講義動画はこちら(2週間無料お試し)
【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

このエントリーをはてなブックマークに追加  
不要になった予備校テキスト・模試の問題・旬報は買取できます。
いらない予備校テキストや参考書、模試の問題を高く売る