文学部の就職先はどんなところ?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

一例として、東洋大学文学部の就職先を調べると、人数的には教育関連、サービス業、公務員、卸売・小売業への就職が目立ちます。

 

逆に目立って少ない業界というのが見当たらず、特に強い業界もなければ弱い業界もないという感じですね。

現役大学生の方へ!
新卒限定内定を早く貰う
スカウト・内定直結イベント・特別ルート

文学部の就職率はどのくらい?

文学部の就職率は一般的には悪いというイメージですが、実際には他の学部と比べて悪いということはありません。
学部としての特徴があまりないので、そのようなイメージがあるのかもしれません。

 

ただ、一流企業へ就職したいということであれば、学部としての強みがあまりないので、資格取得・試験勉強には力を入れるほうがよいでしょう。

文学部は就職に有利?不利?

文学部は特に高い専門性がない分、ある意味就職には不利とも言えなくもないです。
たとえば、工学部なら学科に関連した製造業、経済学部なら金融・銀行、農学部ならバイオというような特徴がありません。
そういう「専門性を生かした就職」という意味では不利です。

 

しかし、だからといって就職できないかといえばそうではなく、就職率については他の学部と変わりません。

文学部から公務員や出版社に就職できる?

公務員や出版業界は文学部の就職先として人気の高い分野です。
ただ、狭くて高い専門性が就職に必要な業界ではないので、その意味では他の学部と条件は同じです。

文学部で就職に有利な資格は取れる?

学科・専攻によっても取れる資格が異なってきます。
なので一概には言えませんが、文学部で取得できる資格はおおむね次のようなものです。
教員免許(国語・英語・社会科)・図書館司書・学芸員

 

あとは、認定心理士・日本語教員・社会福祉士などです。
進学した大学によっても異なります。

文学部の就職に男女の違いはある?

文学部だから男女で就職事情に違いがある、ということはありません。
他の学部と同じです。

文学部に就職先がないのは本当?

そんなことはありません。
希望の就職先に内定するかどうかは、結局は本人次第です。

 

ただ、やはり文学部は「専門性が高い」というイメージはあまりないので、専門性を生かした職種への就職では苦戦する傾向な印象です。
(専門分野を生かした就職をしたい人は、そもそもそういう学部に進学する、ということもあります)

このエントリーをはてなブックマークに追加