明治大学合格のために知っておきたい、入試英語のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大学入試合格のためには、各大学の入試の出題傾向と対策を知っておくことは重要です。
特に、英語は文系・理系問わず、得意不得意がはっきりしており、合格のキーとなる教科ですね。
そこで、明治大学を受験する人はぜひ知っておきたい英語のポイントを調査してまとめましたので、ここで確認しておきましょう。

明治大学入試 英語の出題傾向と対策

  • 長文読解は文章量が多い(特に法学部・文学部・商学部・経済学部)。
  • 長文を読みこなすトレーニングを積み重ねることが重要。
  • 他の難関私立大学に比べると、試験時間が短い傾向にあるため、迅速に解答する能力が求められる。
  • いわゆる難問・奇問は少なく、比較的解答しやすいが、その分、基礎学力の完成度は必要。
  • 特徴的なのは会話文問題。出題形式に慣れておくこと。
  • 経営学部では長文問題が合格へのカギ。
  • 英単語や英文法は標準的なレベルが多く、難しい単語、滅多に使わない文法まで細かく覚える必要はないが、基礎・標準レベルは確実にマスターすること。

明治大学入試英語 解答のポイント

明大の英語に限ったことではありませんが、特に長文読解の場合、本文を読む前に設問を読み、どんなことが問われるのかをあらかじめ頭に入れておいてから本文を読みましょう。
そうすることで「問題文のどこをしっかり読めばよいのか」が分かるので、正答率が高まりますし、また解答にかかる時間が短縮されます。

 

問題文が長い、あるいは試験時間が短い明治大学の英語では「解答にかかる時間を短縮すること」はかなり大事なポイントになると思われます。
英語の実力そのものを高めて、速く解けるようになることも大事ですが、ぜひ、「要領よく、テンポよく速く解答するテクニックを身に付ける」ことも身に付けていきましょう。

 

明治大学入試の英語対策を列挙しました。
本番で合格点に達するためには、基本的に実力を向上させるのが王道です。
ですが、出題形式に慣れるという点も結構大事です。
明治大学・MARCH対策にポイントを絞った講義が2週間無料
【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
不要になった予備校テキスト・模試の問題・旬報は買取できます。
いらない予備校テキストや参考書、模試の問題を高く売る