【期間限定】スタディサプリ14日間無料使い放題と2000円キャッシュバックキャンペーン!⇒キャンペーンコードについての情報

MARCH・早慶上智の人気の併願先は?傾向をまとめました

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

MARCHや早慶上智を受験する場合、多くの受験生は複数の大学を併願すると思います。
それぞれの大学の受験生が、他にどの大学を併願しているのか?
週刊ダイヤモンド 2017年9/16号 (1982-2017 大学序列)で、各学部ごとの詳しい調査結果が掲載されていました。

 

1ランク上の大学に挑戦したり、あるいは滑り止めを考えるうえで、人気の併願先は、MARCHや早慶上智を狙う受験生ならば気になるところだと思います。
さすがに掲載されているデータとそのまま転載するわけにはいきませんので、そのデータをおおざっぱに見た傾向を述べていきたいと思います。
(なお、調査の対象となっている学部は文系学部だけで、理系学部はありません)

明治大学出願者の併願先

併願先として多い順に挙げていくと、次のとおりになります。
@早稲田大学
A明治大学(他学部の学内併願)
B立教大学・中央大学・法政大学
@AのパターンがBに比べてかなり多いです。
一方、上智大学・青山学院大学・慶應義塾大学との併願は非常に少ないです。
明治大学のキャンパスライフや偏差値について

青山学院大学出願者の併願先

@明治・早稲田
A青学(学内併願)立教・法政
中央・上智・慶應は少数派です。
ただし、法学部の場合は上智との併願も多いです。
青山学院大学のキャンパスライフや偏差値について

立教大学

@早稲田・明治
A法政・上智
B立教
C青学
D慶應
の順になります。
なぜか中央大学との併願は非常に少ないです。
立教大学のキャンパスライフや偏差値について

中央大学

@早稲田・明治
A法政・中央(学内併願)
慶應・上智・青学・立教との併願は少数派です。
ただし、法学部は慶應、文学部は立教との併願が多いのが特徴的です。
中央大学のキャンパスライフや偏差値について

法政大学

@法政(学内併願)・明治
A早稲田・中央
B立教
慶應・上智・青学との併願は少数派です。
ただし、例外的に「法政グローバル教養-青学国際政経」というパターンは多かったです。
法政大学のキャンパスライフや偏差値について

早稲田大学

@早稲田(学内併願)
A慶應
B明治
@が圧倒的に多数派です。
他の大学は少数派でした。
ただし、法学部では中央大との併願が非常に多いです。
早稲田大学のキャンパスライフや偏差値について

慶應義塾大学

早稲田との併願、慶應他学部との学内併願が多いです。
法学部では中央との併願が多いです。
その他のMARCHとの併願は少数派でした。
慶應義塾大学のキャンパスライフや偏差値について

上智大学

早稲田との併願が非常に多く、次に慶應、上智(学内併願)、立教、明治と続きます。
青学・法政・中央は少数派です。
ただし、法学部の場合は中央との併願もそれなりに多いです。
上智大学のキャンパスライフや偏差値について

補足

比較している2つの大学で、併願先の人気が違う場合があります。
例をあげると、早稲田出願者にとって、立教は併願先として人気が低いですが、
一方、立教出願者にとって、早稲田は最も人気の高い併願先です。
これは、下の図のような関係になっているからだと解釈できます。

MARCH,早慶,上智,併願,人気,おすすめ

早稲田に出願する人のうち、立教にも出願した人は少数ですが、立教に出願した人の多くは早稲田に出願しているのです。

 

以上の結果をまとめますと、次のような傾向があると考えられます。

  • 中央大学とミッション系(青学・立教・上智)との併願は少数派
  • どこの大学でも、早稲田は併願先として人気が高い。
  • 明治がMACRH出願者の同レベルの併願先として選ばれる。
  • 早稲田はMARCH出願者の1ランク上の受験先として人気がある。
  • 一方、慶應は早慶上智の中では併願先として選ばれるが、MARCHの併願先としては人気が低い。
  • 青学は併願先として選ばれることが比較的少ない。
  • 上智も、立教出願者以外にはあまり人気がない。
  • 反対に、法政はMARCHの併願先として人気があるが、早慶上智の併願先としてはあまり選ばれない。
  • 中央大学法学部は併願先としてどの大学からも人気が高い。

法学部での人気併願パターン

法学部はMARCH早慶上智で併願する場合、次のような組み合わせが多いです。

  • 早稲田−慶中
  • 慶應−早上
  • 上智−早慶立
  • 明治−早立中法
  • 青学−上明立法
  • 立教−上法
  • 中央−早慶明
  • 法政−明中

MARCHと早慶上智の併願パターンの傾向について紹介してきました。
もちろん、大本命の志望校があって「ココだけ受験する!」という人もいると思います。
また、国公立大学と併願するというケースなど、今回の分析に当てはまらないパターンも多いと思います。
ですが、「難関の関東私大」というくくりの中で併願受験するケースはかなり多く、参考にしていただければと思います。

不要になった予備校テキスト・模試の問題・旬報は買取できます。
いらない予備校テキストや参考書、模試の問題を高く売る